2009
0412

  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -

2006
0820

初代「マイ」ちゃん
マイちゃんと名づけた猫がもう一匹、いたことがありました。これは初代マイちゃんの思い出話。



その赤トラ模様の仔猫は、なぜか駅のホームにいた。「あれ?なんでこんなとこに猫がいるの?」と思った人は、私を含めて何人かいたようだった。とことこと、電車から降りた人間たちに混じって身軽に階段を下りていく。改札を抜けて、水溜りの水を飲んだり、その辺をうろうろしていたけれど、やがて見えなくなってしまった。

この話を帰ってきたオットにしたら「ホームに猫?んなアホな」と顔に書いてある。オットもかなりの猫バカ好きなのだけど、私がその日の帰りに目撃した、駅のホームの赤トラ猫については信じてもらえなかったようだ。


次の日の朝、家から駅に向かう途中の坂道で乳母車を押しながら歩いてくるおばあちゃんがいた。その足元を、昨日のあの猫がちょろちょろまとわりついている。駅からその場所までは仔猫にすればかなりの距離があるし、これもまた「あ、あれ?」と目を疑うような光景だった。可愛い猫ですね、と声をかけてみたら、おばあちゃんはにこにこ笑って何か言ったのだけどよく聞き取れなかった。

そして、その猫が三たび現れたのだ。しかも今度は私の家に。土曜日か日曜日か忘れたけど、とにかく休みの日だった。この世に赤トラの仔猫は星の数ほどいると思うけれど、間違いなく、あの猫は私が駅のホームで見たのと同じ猫であり、その次の日に乳母車のおばあちゃんと一緒に歩いていた猫なのだった。あの時おばあちゃんは「どこの猫かよぅわからんけど可愛くてなぁー」って言っていたのかもしれない。

とりあえずチチチと手招きしたら、何の疑いもなく寄ってきて喉を鳴らしながら顔を押し付けてくる。これだけ人間になついているからには飼い猫だったことは間違いない(首輪はしていなかったけれど)。どこのコなのかはわからないまま、当たり前のように我が家で寝泊りするようになったその仔猫は、華奢な体型のメス猫で、名前をマイちゃんとつけた。

マイちゃんは好奇心旺盛で(なにしろ仔猫だから)ちょっとでも動くものには興味を示した。置き時計のまん前に座って、秒針が動くのをじーっと眺めている。そのうち眠くなったのか、きちんと座ったままゆらゆら舟をこいでいたり・・・。その頃はまだトトロを飼う前で、毎日猫と一緒に過ごすという体験は本当に新鮮だった。

マイちゃんの毛色に映えそうなタータンチェックのリボンを買ってきて、スナップでパチンと留められる首輪を作ってみた。小さな鈴もつけたので、動くたびにかすかに音がする。それがマイちゃんにとっては驚きで、鈴が鳴るたびにひとりでびっくりしていた。

家でじっとしているのは性に合わないみたいで、しょちゅう外で遊んでいたマイちゃん。でもごはんの時にはちゃんと帰ってきて、夜はタオルを敷いた箱の中でくるんと丸まっておとなしく寝ていた。

そんなこんなで一週間くらいたち、朝家を出る時に珍しくマイちゃんがとことことついてきて、車の通る道まで見送ってくれた。歩道でじっと立ち止まってニャーニャーと見送るマイちゃんに、なんだか後ろ髪ひかれる思いで駅に向かったのだ。

その日家に帰ると、マイちゃんがいないという。昼頃までは庭でちょろちょろ遊んでいたけれど、夕方になってもご飯に戻ってこないらしい。お腹すいたら帰ってくるよね、と楽観的にかまえていたけれど、その夜も、その次の日も、チェックのリボンをまいた小さな赤トラ猫が戻ってくることはなかった。

ごはん食べさせてくれてありがと、
リボンもありがと。
でもね、わたし、
一人であちこち行きたいの。
だからさよなら。

・・・・マイちゃんはそんな風に言い残して、次の場所へ向かったのだろう。突然現れて、幸せ撒き散らしてふっといなくなったマイちゃん。今でもきゃしゃな仔猫の姿のまま、どこかの猫好きのお家で時計の針と一緒にゆらゆらしているのかもしれない。

2009
0412

  • -
スポンサーサイト
  • -

コメント
わ〜ん(泣)
偶然にもこの文章を読んでる時のBGMが平井堅ちゃんの「バイ マイ メロディ」でした〜
奇抜なPVですが、本当は別れを歌った悲しい歌なんですよ。
音楽の効果もあってちょっと涙しちゃいました。
マイちゃん、きっとまたどこかのおうちでリボンつけて可愛がってもらっている事でしょう。
2006/08/22 12:10 AM  さちえ
◎さちえさん
泣いてくれてありがとう、さちえさん(涙)
平井堅ちゃん、iPodにちゃんと入れてますよ♪

マイちゃんという名前を大事にしたいなぁと
二代目マイちゃんの名前を呼ぶたびに思うのでした。
自分で読み返して、なんだか童話みたいなお話だなぁと思ったり・・・
2006/08/22 8:10 PM  しんじょー
コメントするにょ?









この記事のトラックバックURL
http://whtsnow.jugem.cc/trackback/359
 
いまニャン時?
このブログについて
  • 宇宙一!な可愛さの我が家の猫たちと、彼らに朝4時とか5時にたたき起こされる召使・しんじょーによる社会派ブログ(ウソ)。ライブドアでもブログってました。
    livedoor版G.C.BLOG
    (〜2005年9月)
  • 各記事のタイトルに、その記事へのpermalink(固定リンク)が設定されています。
  • トップページの表示を軽くするため個別記事にしています。
    ドリコムRSS | コトノハ
ニャマゾン

ウチの猫たち#1
マイ&レオ
  • 右:レオ(オス、2001年生まれ)
  • 左:マイ(メス、2000年生まれ)
    ※親子です。2001年夏、放浪中のマイちゃんと目が合いチチチチと呼んだのが出会い、そして転落(笑)の始まり
ウチの猫たち#2
ムー
  • ムー(メス、2007年生まれ)
    ※ほんの仔猫の時に我が家のガレージにひとりで住みつき、真冬になるのを前にウチ猫として迎える。レオ君と大の仲良し
星になった猫#1
トトロ&モー
  • 右:トトロ(オス、1994-2006年)
  • 左:モー(メス、1996-2007年)
    ※トトロは友人より譲り受けた我が家のにゃんこ1号。2006年9月20日、お星様になりました。モーちゃんは近所を散歩中びーびー鳴いて捨てられていたのを連れ帰る。2007年12月11日、トッちゃんPONちゃんたちに会いに旅立ちました。
星になった猫#2
PON
  • PON(オス、1997-2001年)
    ※モーちゃんの息子PONちゃん。わがままいっぱい可愛さいっぱいで2001年に四年の生涯を終えました(涙)
COMMENT
ARCHIVES
PROFILE
SEARCH
みんなのブログポータル JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.